漫画家がシステムエンジニア 転身できるのか

漫画家として生きていこうという人でも、どうしても人気連載を生み出して単行本を売ったりアニメ化しないと収入は思ったように伸びません。
体力を使う仕事なので、30を過ぎても目が出ない場合はモチベーションも下がり、将来性も厳しいものになるでしょう。
そうしても連載が決まらない、決まっても続かないという時には漫画家の道を諦め、漫画は趣味にとどめておいて何か仕事に就きたいと考える人もいます。

しかしそれまで社会人経験がない人が、ある程度の年齢になってから就職をしようとしても簡単にできるものではありません。
ただその中で比較的に漫画家が職につきやすい職業の一つにあげられるのが、システムエンジニアです。
ではなぜシステムエンジニア 転身は可能なのでしょうか。まず漫画を描く時に、現在の作家はまずデジタルで執筆をします。
パソコンに詳しくないと執筆のペースもどんどの池亭記、またアシスタントを雇う必要も増えるので経費もかさみます。ですので、最近の作家はパソコンに得意な人が多いので、その知識を生かせる仕事としてシステムエンジニアが挙げられるのです。

また自分で同人誌を作る人はDTPにも精通しているでしょうし、原稿のやり取りやデジタル入稿、デジタルアシスタントを使っている人はネットワークの知識もあります。
そのため、漫画家はIT関係の知識が豊富なので、システムエンジニアになっても比較的仕事に慣れるのが速いといえます。