漫画家がシステムエンジニア 転身時の生活

漫画家というと、個人事業主になるので収入や定期的な仕事の保障はありません。
ですので自分で連載やイラストの仕事を探さなくてはいけませんが、不定期な仕事ですと精神的な負担も大きいですし、例えば30歳を手前に身の振り方や将来について考える人も多いでしょう。

そんな時にシステムエンジニア 転身をする人も多くいます。
漫画家ならではのストーリーの構成力やイラストを描いて他人に見せる力、また仕事でコンピュータを使うことも多いので、漫画家とシステムエンジニアは比較的相性のいい仕事です。
ただしそれでも転身をしたばかりの時は覚えることも非常に多く、休みの日も自学自習に励む必要も出てきます。
専門的な用語を覚えて知識を増やすのはもちろんのこと、携わる構築の業種に関しても覚えなくてはいけないことは出てきますし、自分の武器を伸ばすために勉強か欠かせないものになります。

またそれまでは少人数で仕事をすることも多かったでしょうが、システムエンジニアの場合他人との連携も必要です。
しっかりコミュにケーションが取れるように会話の話題を増やしたり、人と会話をして意思疎通ができるように自分の対話力を磨かなくてはいけません。

ただしもちろん休日は息抜きも必要ですので、自分が磨いた漫画力を活かすために、趣味でマンガやイラストを描くのも良いでしょう。
それを同僚に見せてコミュニケーションのきっかけにするのも良いですし、イラストが描けることは仕事上でも企画書などを作る時に活かせます。