漫画とシステム開発で共通する目標の立て方

ジャンルが違えば、仕事の内容もずいぶんと異なります。
しかし本質的には、目指すべき目標が同じと言う事はよくあります。

漫画家とシステムエンジニアも、それぞれに全く異なるジャンルに属する職業です。
しかしながら、計画を立てて作業をこなし、目的を達成するという点では共通する部分があります。
漫画家は、マンガ制作の指揮を取り、ストーリー作成から作画までをこなす人が多いです。
マンガ制作のためのアシスタントもいるものの、漫画の本質的な部分を設計するのは、漫画作家の役割です。

システムエンジニアもまた、システム設計を担う役目を負います。
必要な条件を満たすコンピューターシステムを設計し、プログラマーたちが実際のコードを記述します。
漫画家からシステムエンジニア 転身の際には、設計の面で互いに共通したスキルが活かせます。
全体の構想を立て、計画を組み立てていくのは、どちらも同じです。
特に長期連載の経験がある漫画制作者は、長期的な連載のプランを立てる能力に長けています。
開発の先を見通して、計画が立てられる能力は、システムエンジニア 転身において役立ちます。

システムエンジニアになるためには、高度な開発技術を必要とするのは違いありません。しかし、マンガ制作の経験を経て、高い設計能力を持った人物であれば、システムエンジニア 転身は比較的ハードルが低いでしょう。
ジャンルは異なるとはいえ、転職の目標が達成できる可能性はあります。